スポーツ障害・外傷

​スポーツ障害とは?

スポーツをしていると、捻挫や打撲のようなケガをしてしまうことがあります。

他にも、捻ったりした覚えはないのに痛みが突然出てきたりしたことありませんか?

スポーツをしていて起きたケガや痛みの事を『スポーツ障害』と呼びます。

​障害と外傷

スポーツ障害は『外傷』と『障害』の2つのケガに分けられれます。

【外傷】

外傷は捻挫や打撲、肉離れ、脱臼や骨折などの一般的に皆様がご存知なケガです。

瞬間的に大きな負荷がかかることで、筋肉や靭帯、骨などを傷つけてしまった状態です。

 

【障害】

障害は競技や練習をしていて継続的に負担がかかることで、筋肉や関節、骨などに痛みをだしてしまっている状態です。

野球肘やテニス肘、ジャンパー膝やシンスプリントなどが有名な障害です。

 

外傷も障害もしっかりと治療やリハビリを行わないと後遺症を残すことがあります。

その後の競技生活にも支障が出てしまう可能性もありますので、痛みを感じたら我慢せずに早めの治療を心がけましょう。

ご来院される主なスポーツ障害

【野球】

・野球肘 ・野球肩 ・腰痛(腰椎分離症・すべり症等)

・肩インピンジメント症候群

 

【サッカー】

・足首の捻挫 ・シンスプリント ・肉離れ ・打撲

・膝の靭帯損傷 ・膝の半月板損傷

 

【陸上】

・シンスプリント ・ランナー膝 ・足底筋膜炎

・肉離れ ・アキレス腱炎 ・疲労骨折 

【バレーボール】

・ジャンパー膝 ・肉離れ ・シンスプリント

・足首、指の捻挫 ・肩インピンジメント症候群

 

【バスケットボール】

・ジャンパー膝 ・肉離れ ・足底筋膜炎

・足首、指の捻挫

 

【テニス】

・テニス肘 ・肉離れ ・シンスプリント

・肩インピンジメント症候群 ・足首の捻挫

・手首の痛み

LINEばなー.png

​スポーツ障害の治療について

ほっと鍼灸接骨院ではスポーツ障害の知識を豊富にもつスタッフがお体のケアからリハビリ等、復帰までしっかりサポートいたします。

プロスポーツ選手やトップアスリートもメンテナンスでご来院いただいておりますので、お体のケアでお困りの方は安心してご相談ください。

【スポーツ選手ご紹介ページ➡】

【捻挫や肉離れなどの外傷の治療】

捻挫や肉離れは筋肉や関節が損傷し、受傷後2~3日は患部に熱(炎症)や内出血などの腫れが特に出てきます。

炎症や腫れをいかに早く引かせるかが早期回復に繋がります。

当院ではそれらの症状に対しハイボルテージ療法(特殊電気)やテーピングを行い、患部の負担を減らし、早期回復へ導きます。

炎症や腫れが引いた後は固まった筋肉や関節を緩めていき、弱った筋肉をトレーニングしていきます。

【野球肘やジャンパー膝などの障害の治療】

障害は外傷と違い、蓄積した負担により炎症や腫れ、痛みを引き起こします。

患部の治療に関しては外傷と同様に、ハイボルテージ療法やテーピングで負担を減らし痛めた部分を回復させます。

しかし、スポーツ障害は痛みを引かせただけでは終わりません。

体や骨盤のゆがみや姿勢、競技をする上でのフォームなども必要であれば修正する必要があります。

痛みが良くなっても、同じ負担をかけ続ければすぐ再発してしまう可能性があるからです。

全身整体や猫背矯正、EMSなどによる筋運動で体全体を整えます。

$R6GYEAE.png

ハイボルテージ療法ページへ

マッサージ.jpg

全身整体ページへ

キネシオテープ.JPG

テーピングページへ

スポーツをする上でご不安やお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

部活やクラブチーム、社会人チームやトップアスリートの方はもちろん、健康維持や趣味のスポーツまでどなたでもしっかり診させて頂きます!

​都賀駅徒歩1分

​予約制

1156026.jpg

定休日】水曜・祝祭日​

*日曜は自費施術のみ、前日までに要予約

            (研修などで休診となる場合もございます)