ほっと鍼灸接骨院

交通事故治療・むち打ち症

TOP

交通事故に遭われた後、こんな症状でお悩みではないですか?

  • 事故から数日経って痛みやしびれが出てきた
  • 検査で異常がないのに痛みやしびれがある
  • 病院では痛み止めや湿布の処方しかされていない
  • 今の治療に効果をあまり感じられない
  • 保険会社との交渉がわからない

ほっと鍼灸接骨院は国から認定を受けた自賠責保険指定医療機関です。
交通事故の専門治療や保険会社の対応など、患者様をしっかりサポートいたします。

交通事故による症状とは

交通事故に遭った際は、身体に大きな負担がかかった状態となり、様々な症状を引き起こす可能性があります。また、症状は必ずしも事故直後に発生するとは限らず、事故から数日経ってから症状が出てくるケースも多くあります。交通事故にあった際は、早めに施術を受けるようにしましょう。

交通事故による主な症状として、次のような症状があります。

むち打ち症

むちうち症とは、自動車の追突、急停車等によって首が鞭のようにしなることによって起こる症状です。 正式には「頸椎捻挫」「頸部挫傷」などと呼ばれます。

むち打ち症の特徴として、遅れて症状が出てくるという事があります。
交通事故直後の体は興奮状態になっています。
痛みを感じる感覚が麻痺していることが多くあり、その場合は数日経過してから、首に痛みや違和感が出る、やたらと肩が凝る、などの症状がでてきます。

むち打ち症の主な症状

  • 痛み
  • コリ、重だるさ
  • 可動域が狭くなる
  • めまい、目が見えにくくなる
  • 吐き気
  • 腕や手のしびれ、筋力低下

腰の痛み

交通事故での腰痛は、強い衝撃により、背骨や骨盤にズレやゆがみが生じることで起こります。
筋肉や関節を痛めてしまっている状態で、「腰椎捻挫」と呼ばれます。
腰痛もむち打ち症と同様に、数日経過してから痛みを感じる場合があります。

腰椎捻挫の主な症状

  • 痛み
  • 張り感、重だるさ
  • 腰が動きにくくなる
  • お尻や足のしびれ
  • 足の筋力低下

交通事故から治療までの流れ

① 交通事故に遭ったら警察に連絡

軽い交通事故でも必ず警察へ通報しましょう。
軽擦への通報を怠ると、保険会社に保険金(自賠責・任意保険)を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。
相手が警察への連絡を嫌い、その場で示談を申し入れてきても必ず断りましょう。
また、加害者の方が警察への通報を怠った場合、罪になりますのでご注意ください。

② 軽擦の後は保険会社への連絡

自身が加入している保険会社へ連絡をしてください。
担当のスタッフがその後の処理をサポートしてくれる場合もあります。
万が一、相手がその場で示談を申し入れてきた場合、自身で話し合うのではなく、保険会社のスタッフと話してもらうことをお勧めします。

③ 病院で医師の診察を受けましょう

交通事故の治療を行うには、医師の診察、診断が必要です。
直後で目立った外傷や症状がなくても必ず病院(整形外科でもOK)を受診しましょう。
当日が難しければ翌日に、最低でも2週間以内には受診するようにしてください。
事故から日にちが経過してしまうと、現れた症状が事故とは関係のないものとされてしまう恐れがあります。
事故直後は些細な症状であったとしても、時間が経って症状が強く出てくることが多くあります。
「このくらいなら大丈夫」と安易に考えず、必ず診察を受けましょう。

④ 保険会社へ接骨院での治療を希望する旨を伝える

当院で治療をご希望の場合、ご来院の前に保険会社へのご連絡をお願いいたします。
ご連絡いただければ、その後の保険会社とのやり取りは可能な限り代行させて頂きます。
無料体験でのご来院の場合は、保険会社へのご連絡は不要です。

ほっと鍼灸接骨院の交通事故治療が選ばれる6つのポイント

1.自賠責保険適用で窓口の負担は0円

当院の交通事故治療は自賠責保険を適用し、患者様の治療にかかる負担金は0円となります。 自損事故等でも患者様ご自身が加入されている任意保険を適用することで、負担金が0円となる場合があります。

2.国家資格者による安心の施術

ほっと鍼灸接骨院のスタッフは「柔道整復師」「鍼灸師」の国家資格を取得しており、交通事故特有の症状や治療に関する専門的な知識も学んでおります。
交通事故の後は様々な不調や不安が現れてきますので、 患者様が安心してお体をお任せ頂けるよう、誠心誠意治療に努めさせて頂きます。

3.お体に合わせたオーダーメイドの交通事故専門治療

交通事故の後遺症は様々で、患者様一人ひとり症状や原因が異なります。
当院では交通事故専門治療を患者様のお体に合わせたオーダーメイドの施術で行います。
どの部分を痛めているのか、痛みが出る原因はどこなのか、お体の状態をしっかりと把握したうえで施術を行います。

4.適切な通院頻度、治療計画をご提案

交通事故の後遺症は軽いものから重いもの、早期に改善するものから長期になるものまで様々です。
できるだけ早期の治癒を目指しますが、長期間となる場合もあります。

交通事故治療は事故で負った症状が改善するまでと言われております。
しかし制限なくいつまでも治療を続けることはできません。
打撲で1ヵ月、捻挫で3ヵ月、骨折で6か月という期間が目安となります。
その期間の中で後遺症が残らないよう、治療を進めていく必要があります。

お体の状態や生活リズムを踏まえ、ベストな通院ペース、どのように治療を進めていくかの治療計画を患者様と共有していきます。

5.すでに通院している医療機関からの転院、病院との同時通院も可能

すでに通院されている医療機関(接骨院や整骨院、病院や整形外科)で治療を受けている方でも当院への転院が可能です。
現在受けている治療に疑問や不安があり、納得して治療を受けられていない方はご相談ください。
また、病院や整形外科の場合は当院との同時通院も可能です。

接骨院で交通事故の治療を受ける場合、定期的に医師の診察が必要となります。
月に1~2回を目安に状態の確認をしてもらいましょう。
万が一、症状が改善されず後遺症が残ってしまう場合、後遺障害認定を申請することできます。
ただし、申請を行うには医師の診断が必要となります。
そのためにも定期的な診察が交通事故治療では重要となります。

6.保険会社との交渉代行、専門弁護士の紹介

当院では保険を使う際の手続きや保険会社との交渉代行、サポートを致します。
また、慰謝料や休業補償などの金銭トラブルに関しましては、交通事故専門の弁護士をご紹介することも可能です。

ほっと鍼灸接骨院の交通事故専門の治療方法

交通事故の衝撃は想像よりもはるかに強いものです。
むち打ちなど、筋肉や関節を痛めることで炎症が起き、患部に強い痛みを誘発することがあります。
また、衝撃により全身の筋肉が硬直、骨盤や頚椎の歪みにより、痛みやしびれを伴う場合もあります。

事故直後は炎症などが原因で症状を感じているので、患部のみの治療でも症状の改善を実感できるでしょう。
しかし、炎症が治まってくると患部のみを治療していてもあまり症状の変化がみられなくなってしまいます。

それは、患部に症状の原因がなく、筋肉の緊張や背骨や骨盤などの歪みなど、患部以外の異常が原因となっているからです。

交通事故の治療は、筋肉、骨格、神経すべてにアプローチすることが後遺症を残さないためにも重要なのです。

当院では筋肉には「整体マッサージ」、骨格には「オリジナル骨盤調整」、神経には「ハイボルテージ療法」でそれぞれの原因や症状に対して施術を行います。

頚椎、骨盤のゆがみ症状の場合

交通事故の衝撃によって、頚椎や骨盤に歪みが出てることがあります。
レントゲンでは確認できない程度の歪みなので病院ではあまり重要視していません。

しかし、骨盤や頚椎などに歪みが出てしまうと、体のバランスが崩れ筋肉の緊張や炎症を悪化させてしまう危険があります。
また、神経を圧迫して痺れなどが出てしまうこともあります。
特に事故後はそういった症状が出やすくなっているため、歪みを正しい位置に整えることは症状改善にとても重要です。

当院では、オリジナル骨盤矯正により施術をおこなします。決して「バキッボキッ」するような瞬間的な力を使った「矯正」はいたしません。
矯正は瞬時に骨が正しい位置に戻るので、一瞬で筋肉が緩みスッキリ感を感じやすい施術です。
その反面、交通事故などで筋肉や関節、神経にダメージがある場合は痛みが増してしまうリスクもあります。
そういったリスクを回避するため当院では特殊な道具を使いゆっくりと筋肉を緩めて骨を正しい位置に戻す「調整」を行っております。
当院の骨盤調整はうつ伏せの状態で行います。
特殊なブロックを骨盤のゆがみに合わせて設置し、自分の体重の重みを使い少しずつ骨盤を正しい位置に整えていきます。
リラックス効果もあり、自律神経の調整にも効果的な施術となります。

筋肉の緊張症状の場合

緊張して固まってしまった筋肉には整体マッサージで施術を行います。
骨盤調整と併せて行うことでより骨盤の調整もスムーズになり相乗効果が期待できます。

当院の整体マッサージは強い力や時間はかけません。 緊張が強い部分を緩めることは重要ですが、適切な力で、必要以上に時間をかけないことが体の負担も少なく事故後のダメージを負った体には最適です。

マッサージ屋でよくある揉み返しなどは、揉む力が強いだけではなく、同じ部位を長時間ほぐすということも原因の一つになっています。
また、体の状態は人それぞれ違い、原因も違います。

筋肉や神経の痛み症状の場合

交通事故により、筋肉や神経に痛みが出ることがあります。
交通事故で痛めた部分は痛みと同時に炎症と呼ばれる熱が患部に発生します。
炎症が強くなればなるほど痛みも比例して増してしまいます。
炎症が強くなり痛みが長引いてしまうと、筋肉の緊張が悪化し、神経にも炎症が広がってしまう可能性があります。
この神経の炎症が神経痛やしびれなどの原因となります。
神経の炎症は、その後の治りにも大きく影響してしまうので、痛みや炎症に直接作用させるハイボルテージ療法が早期改善には効果的となります。

当鍼灸接骨院では、ハイボルテージ療法による施術を行います。
ハイボルテージ療法とは「高電圧電気刺激療法」のことで、体の痛みが出ている患部を直接刺激することにより、炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力を促進する効果が期待できます。
ハイボルテージ療法はこちら

整形外科や接骨院で行う電気治療とは大きく違う点があります。
それは、電気が到達する深さです。
通常の電気治療では皮膚から3~5mmまでしか刺激が入らず、深い部分の痛みにはあまり効果的ではありませんでした。
ハイボルテージ療法では最大9cmまで電気が到達するとされています。
そのため、表面だけではなく、深い部分の痛みにも直接アプローチすることができます。

交通事故治療の無料体験

交通事故の治療は治療院によって様々です。
どのような治療をするのか、自分にその治療が合うのかなど、様々な不安を感じてなかなか治療院が決まらないという方も多いと思います。
そのような方のために、当院では交通事故治療の無料体験を実施しております。

通常、交通事故の治療をするには、保険会社に通院する治療院を先に連絡しなくてはなりません。
無料体験では保険会社へ連絡せず治療を受けていただけます。
継続しての治療をご希望の場合のみ保険会社へご連絡をお願いいたします。

交通事故治療に関するよくあるご質問

治療費はかかりますか?
基本的に自賠責保険、任意保険を適用の場合、患者様の負担金は無料です。
鍼灸治療など一部の施術に関して、保険会社によっては患者様負担となる場合もございます。鍼灸治療をご希望の場合は一度ご相談ください。
症状が痛みではなく、張り感や重だるさです。治療はできますか?
はい、痛み以外の症状でも交通事故との関連性が医師により認められれば治療は可能です。まずは病院で医師の診察を受けてください。
保険会社に接骨院での治療はダメと言われました。
どの医療機関で治療するかは患者様に選ぶ権利があります。
保険会社では、接骨院に通院すると整形外科より通院日数、治療費、慰謝料が多額になる事を嫌がる傾向にあるようです。
接骨院での交通事故治療は国から認められておりますので、万が一そのようなことがありましたら、当院へご相談ください。
すでに通院している医療機関(病院、接骨院)を変更したいのですが。
医療機関の転院も可能です。保険会社へ転院の旨、転院先の治療院情報を伝えるだけで大丈夫です。
事故後しばらく経ってから痛みが出てきたのですが、受診できますか?
あまり時間が経過してしまうと事故との関係性が曖昧になってしまうため、交通事故治療として施術ができない場合があります。
保険会社によって差がありますので、担当の保険会社にお問い合わせ下さい。
交通事故に遭われた場合、まずは病院や整形外科を受診しましょう。
交通事故として治療ができない場合、当院では自費での治療となります。
加害者でも治療は可能ですか?
加害者であっても、相手に過失が1割でもあれば自賠責保険を適用して治療を受けていただける可能性があります。
自賠責保険は交通事故での怪我に対してサポートするための対人賠償の保険です。
過失に関係なくケガをしていれば被害者となりますが、過失10割では自賠責保険は適用されません。
任意保険(人身傷害補償)などに加入されている場合は負担金なしで治療を受けられる場合もあります。加入されている保険会社にご確認ください。