交通事故・労災・​各種保険取り扱い

​都賀駅徒歩1分

​予約制

1156026.jpg

定休日】水曜・祝祭日​

*日曜は自費施術のみ、前日までに要予約

            (研修などで休診となる場合もございます)

こんな悩みありませんか?

☑腕を横から天井へ向けて動かすと痛みがある

☑肩を動かす際に力が入りにくい

☑痛みはないが肩が引っかかって動かない

☑夜寝ているとズキズキして眠れない

当てはまる症状はありましたか?

上記の症状がある方は腱板損傷の可能性があります。

腱板損傷とはどのような状態なのか​詳しく解説していきます。

​腱板とはインナーマッスルと呼ばれる肩の奥にある4つの筋肉の総称です。

・棘上筋(きょくじょうきん)

・棘下筋(きょっかきん)

・小円筋(しょうえんきん)

・肩甲下筋(けんこうかきん)

上記の4つの筋が骨に付着するために集合してできた筋(スジ)を腱板と呼びます。

腱板は骨に普通の筋肉の様な柔軟性はなく、

​腱板とは

急性期に起きている炎症が治まってくると、動かしたりする際の痛みは減少してきます。

その代わり、肩の関節が凍ったように固まってしまい「髪を後ろで結ぶ動作」「背中をかく動作」「腕をうえに上げる」などの動きができなくなったり、動く範囲が狭くなったりします。

​海外ではこのことをフローズンショルダー(凍結肩)と呼ばれています。

肩の痛みがあるうちは無理はせずに、動かせる範囲でゆっくりと少しずつ肩を動かしていきましょう。

まったく動かさないでいると筋力が低下し、肩の癒着も進んでしまうことがあるので注意が必要です。

​拘縮期

肩の拘縮が少しずつ和らいできたところで回復期という期間に入ります。

ここまでくると肩の痛みなどはほとんどなくなっています。

ここでしっかりリハビリを行い、肩の柔軟性を取り戻していくことが重要となります。

もしリハビリが不十分で放置されてしまうと、肩の関節が癒着してしまい、日常生活の動作も不自由になってしまうこともあります。

​拘縮期に動かしていた以上に肩を動かしたり、筋肉を緩めたりする必要があります。

​回復期

四十肩や五十肩の原因は、現在もいまだ解明されていません。

肩周辺の筋肉や靭帯など、周辺の組織が加齢などにより硬くなってしまったり、縮んだまま伸びずらくなってしまうなどの変化が起こることで炎症や痛みを引き起こしていると考えられています。

また、日頃の生活習慣や姿勢、ストレスやホルモンバランスなども関係していると言われています。

首や肩まわりの筋肉が硬くならないように姿勢なども気を付ける事が重要です。

​四十肩の原因

肩の状態がどの段階にあるかで治療の流れも変化していきます。

また、治療院ごとに四十肩へのアプローチは様々であり、多くの治療法が存在しています。

しかし、どのような治療も途中でやめてしまっては意味がありません。

まずは自分に合っている治療法や​、治療院の雰囲気などをみつけて、しっかり最後まで四十肩の治療をやり遂げることが四十肩の根治、再発防止に重要なのです。

当院にご来院された際にどのような治療を行うのか参考までにご確認ください。

急性期

 ①まずは患部の状態を把握するため、カウンセリングや動きの検査などを行います。

 ②ベッドでのうつ伏せが可能な場合、骨盤のゆがみをチェックし

  無痛骨盤調整により体の余計な筋緊張を取り除きます。

 ③さらに整体マッサージで緊張した筋肉を緩めていきます。

  炎症が確認された場合は、患部のマッサージはせずに周囲の筋肉を緩めていきます。

 (炎症部へのマッサージは、血流の増加により痛みや炎症を強めてしまう可能性があります)

 ④ある程度周囲の筋肉が緩んだら、患部に対して鍼灸】【ハイボルテージ療法を行います。

  鍼灸やハイボルテージ療法の特殊電気は筋肉を緩めたり、炎症・痛みの抑制に非常に効果的です。

 ⑤炎症が引いてくるまでは無理に肩を動かさず、痛みが出ないような生活をおすすめします。

  どうしても負担が減らせないという方には必要に応じてテーピングなども行います。

  

 ⑥治療後はご自宅でアイシングなどのケアの指導なども行います。

拘縮期

 ①急性期と同様にカウンセリングや動きの検査を行い、肩の状態を把握します。

 ②ベッドでのうつ伏せが可能な場合、骨盤のゆがみをチェックし無痛骨盤調整により

  体の余計な筋緊張を取り除きます。

 ③整体マッサージで肩や肩甲骨まわりを中心に張りの強く固まってしまった筋肉を緩めていきます。

  

 ④ある程度筋肉が緩んだところで、鍼灸】【ハイボルテージ療法をすると更に効果的です。

  (マッサージでは届かない深い筋肉を緩めることができます)

 ⑤治療後はご自宅でのストレッチやケアの仕方の指導を行います。 

 

回復期

 ①急性期や拘縮期と同様にカウンセリングや動きの検査を行い、肩の状態を把握します。

 ②ベッドでのうつ伏せが可能な場合、骨盤のゆがみをチェックし無痛骨盤調整により

  体の余計な筋緊張を取り除きます。

 ③整体マッサージで肩や肩甲骨まわりを中心に張りの強く固まってしまった筋肉を緩めていきます。

  

 ④ある程度筋肉が緩んだところで、鍼灸】【ハイボルテージ療法をすると更に効果的です。

  (マッサージでは届かない深い筋肉を緩めることができます)

  肩の動きが特に悪い方や、姿勢が悪い方は猫背矯正ストレッチをおすすめします。

  (肩周りの筋肉もしっかり緩み、姿勢改善で治療効果の持続力も上がります)

 ⑤治療後はご自宅でのストレッチやケアの仕方の指導を行います。

​治療の流れ